信長の野望オンライン(風雲サーバー・徳川)で遊んでる人です


by keen-a
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

大決戦三戦目

一敗一分で迎えた三戦目、今日は勝つぞーと意気あがるが
「道三をどうやって落とすか」の明確な手法はまだないまま戦闘開始、まず前衛の
武将取り付き及び撃破は徳川側が半歩リード、開幕の四天王狙いは
両陣営ともなし(斉藤側の徒党は防衛で止まった可能性あり?)
序盤から中盤までは比較的優勢に戦闘をすすめる、尚、戦闘開始した時点で
斉藤側本営あたりの敵分布はかなり赤く(徒党編成に時間がかかった?)
このあたりが要因と思われる、また、21時の時点で全体検索は180人、徳川側で
すでに10人以上の「待ち」が発生していたが、どちらの陣営が少なかったのか・・・
なんとなく、バグのにおいがしますね。

中盤は斉藤側も戦力がそろったのか反撃開始、みるみる戦果を詰められる
こちらの防衛力を上まわった時に、四天王と後詰武将に取り付かれてしまった
が、やはり後詰以降はそれなりの強さをもってるようで、戸田や天野、忠勝が勝利
してホッとしたり(忠勝ではなく井伊だったかもしれない)
ただ、かわりといってはあれだが、義龍、安藤攻略徒党が敗北したりで
このあたりは一進一退の感があった。

中盤から後半にかけては、敵武将の迎撃に戦力を割かないといけない状態になる
また、敵徒党の圧力はさほどではなかったが、こちら側までソロの芸や暗殺が進出
してきて防衛力が低下する事態に、こちらの防衛のほとんどはソロ戦闘力がなかった
こともありサクサクと殺される、その間に榊原や忠勝に取り付かれる、また3時間の長丁場で
緊張の緩んだ隙に井伊・正信とりつかれも発生、防衛に課題を残す。

最終的には引き分けに終わったが、1・2戦目と比べると一番動きがよかったように感じた
ただ、四天王を1つも落としていないこと(突撃してくる四天王はのぞく)、道三の士気は
落としたが、攻略する余裕(特に時間的に)がなかったことを考えると、やはり攻守両面に
課題があると思う。

大決戦は2分1敗という結果になったが、斉藤家との交戦の目的を考えると
充分な結果だと思う、ただし、この結果は援軍である織田家の力によるところが
大であり、その点は強調しておきたい。
援軍にきていただけた織田家の皆様、ありがとうございました今後ともよろしくお願いします
また、参戦した皆さんお疲れ様でした^^



さて、私は防衛ってことでソロ参加、私設で見張る方向を決めてたりしたが
早い段階で「地図の敵分布と徒党発見報告みながら、ソロ防衛を可能な限り組織的に
動かしたほうがいいんじゃないか?」と思い方針変更、少し後方で地図眺めながら
情報を流す(足止めの人数が足りなければ自分が行く)ことにした、
先日、二戦目で指揮(っぽいこと)をやってた時は、敵味方の徒党の動きや
武将取り付きの情報、迎撃要請等でてんてこまいだったため出来なかったことだ、
これが有効だったかどうかは、他の方々の意見を聞かないといけないが、
とりあえず自分の中で整理できたら別途、指揮や防衛のありかたについて
記事にしてみようと思う。
今回の大決戦で「武将徒党、指揮、防衛」とやってみて
それぞれの視点で、やはり「見えること」に大きな差がある事は確認できた
あとは「対人徒党」の経験が必要ってところ、次回にやろうとおもう。

(追記)
今回の記事を読まれて
「こいつ、難しいこと考えてやがるな」
とか
「気楽に遊びたいのに、大決戦で変に難しいこと押し付けられるとイヤだな」
とか思われる方がいるかもしれません、しかし、私はこういうことを考えるのが
好きな人なので勘弁してやってください^^
[PR]
by keen-a | 2008-05-05 08:49 | 信オン